アイコン4.jpgアイコン3.jpgアイコン1.jpgアイコン2.jpgアイコン5.jpg

2013年10月09日

密かに噂は広がる脱獄【Jailbreak(ジェイルブレイク)】アプリとは

jailbreak!
jailbreak! / freebeets


さてこんにちは田舎仙人でーございます。

今IOS7になって使われてはいないだろうと言われているが、
IOS6までは脱獄アプリというものがありました。

結構なにげに知らない人が多いためにすこし覚えておいて欲しいのです。

まず脱獄って何??意味がわからない方のために先に脱獄【Jailbreak(ジェイルブレイク)】
について説明します。


脱獄【Jailbreak(ジェイルブレイク)】とは

もともとアプリ自体はAPP STOREでしか販売されません。なので基本はアップル経由、つまり公式サイトで販売されるわけです。しかしそのセキュリティの縫い目や穴をかいくぐって認可の無いアプリケーションでもDLしてそれをツールとして動かすことが出来るアプリ。
英語表記ではこのアプリケーションの事をJailbreak(ジェイルブレイク)と言うために日本語で脱獄アプリという名前になっている。おそらくセキュリティを突破する所が語源だろう。

ios developer programでiphoneアプリを販売するまで
こちらで説明したのだが、
APP STOREで配布するためには許可証のようなものがいる。それがないと配布は出来ないというわけ。
しかしその許可がなくても動くアプリが存在してしまうんでそれが脱獄アプリ。


もう読んだ限りはコレは完全に違法だろう!!!


と思うかもしれないがなんせ使いやすいようにホーム画面を動かしやすくするアプリや、機動性を上げるアプリなど各個人にとって使いやすさを求めているものや、
金銭的なトラブルや違法行為とはいえない改造もあるので一概にダメとも言えない物が多い。

便利になるアプリが非常に多くあったため、
アップルが公認してないというだけでそれが罪になるというイコールで繋がるものではないからです。

しかし中には有料アプリをDL出来る脱獄アプリなどの悪質なものもあり、そこは正規品ではないために各個人の認知やモラルなどが必要とされる場合もある。

結構知っている人は知っているアプリだったためか使い勝手をどんどん効率化したい人は
脱獄しまくる。
という事態も過去は多く見られたが、なんせアップルが公認してないこともあり脱獄アプリを入れたがために壊れても保証が無いことからためらう人たちもいたようだ。

アプリの元はどこから来るのかというと複数のハッカー集団が脱獄アプリをリリースしているらしい。

んーー脱獄の事について語りたかったのに説明だけでこんなに長くなってしまった。

次回脱獄アプリ2!!ではでは
posted by 仙人 at 13:20| Comment(0) | 脱獄アプリ偏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

最近の記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。